ノーベルガイドプランニングセミナー内容

ノーベルガイドプランニングセミナ−の九州の写真です。実際行われた教室の風景写真です。

ノーベルガイドプランニングセミナ−の九州の写真です。実際行われた教室の風景写真です。

いのうえまさとし歯科の副院長の畑山敬秀です。今回も前回に引き続きプランニングセミナーの内容について説明したいと思います。写真は中村社綱先生が講演されているのを院長とともに聞きに行ったときのセミナー中の写真です。受講したノーベルガイドプランニング教室は月に一度九州の博多で開かれています。今後京都でも中村先生と当院院長とともに開催される予定です。

ノーベルガイドプランニングセミナーの博多では、あらかじめ何人か症例相談する人がその回ごとに決められており、資料を持って来ていただいてました。その担当の先生にノーベルガイドを用いた設計を発表していただき、それを参加された先生で検討し、最後に中村先生が設計で変更した方が良い点を指摘されておられました。インプラントの埋入位置をプランニングを自分で考えてきていただき、それを回りの先生方にも評価していただけるので、先生方にとってはノーベルガイドをより深く勉強できる環境となっていました。
同様に京都でも行っていく予定です。

京都で行う予定のノーベルガイドプランニングセミナーについて詳細が決まり次第、こちらのブログで発表させていただくか、いのうえまさとし歯科のホームページのブログで発表させていただきます。

タグ:

コメントをどうぞ